記事一覧
病院に行かずに性病検査キットでセルフチェック

男女が愛し合うと性行為ももれなく付随してきますが、そこには愛情や喜びの他に心配なこともあります。 妊娠を望んでいない場合はそのことも心配の種ですが、性行為を経験したことのある誰もが関わりのある問題と言えば性病のことです。 ただ体調や性器に異変を感じ、性病ではないかと疑ったとしても、すぐに病院を受診するという選択をすることが出来る人ばかりではないと思います。 性病で受診するとなると、非常にプライベートなことまで医師に話さなくてはいけませんので、そのことをとても恥ずかしいと感じることでしょう。 また、性病に罹っているのではないかということを誰かに知られたくない人は多いと思いますので、そのことも受診する勇気をなくす原因の一つだと言えます。 そこでそのような人におすすめなのが、自宅で簡単に性病検査を行うことが出来る検査キットです。 インターネット上で注文することが出来ますので、購入しに行く手間暇もかかりません。 早ければ注文後1日から4日の内には自宅に郵送されてきますし、中身が性病の検査キットだとは分からないようになっていますので、家族に知られたくないという人も安心です。 性病検査キットが届いたならば、すぐに膣分泌液や尿、血液、喉の拭い液などの検査物の採取を行う必要があります。 いずれも自分で簡単に採取することが出来るように詳しい説明書が添付されていますので、心配する必要はありません。 特に血液の採取は自分で行うことが出来るのか心配になる人も多いと思いますが、簡単に採決することが出来る採血器具があり、痛みやストレスなく採血を行うことが可能です。 検査物を摂取後はすぐに返送し、検査結果を待ちましょう。 検査物が到着後、2日から3日で結果が出ることが多く、パスワードを使ってパソコンやスマートフォンからインターネット上で確認することが出来ます。 検査キットを注文して結果を確認するまで最短で1週間から10日程で済みますので、病院に行く勇気が出ない人は検査キットを使用してみることも選択肢の一つです。 もし陽性反応が出ても落ち着いてすぐに病院へ 検査キットを使用して結果を確認し、もしいずれかの性病に陽性反応が確認されたのならば、恥ずかしいという感情は捨て、早急に病院を受診しましょう。 性病科がある専門病院や、女性であれば婦人科、男性であれば泌尿器科で医師の診察を受ける必要があります。 近くにそうした病院が無い場合や、性病に詳しい医師がいる病院が分からないという場合は、検査キットを販売している会社に相談してみても良いでしょう。 検査キットを販売している会社の多くが提携している医療機関があり、性病に詳しい医師が常駐しています。 更に再検査をする必要がないことがほとんどなので、余計な手間暇がかかることなくすぐに治療を受けることが出来ます。 陽性反応が出たとしても、性病は現代医学では内服薬や注射などによって十分治すことが出来る病気ですので、必要以上に落ち込み不安に思う必要はありません。 慌てすぎず落ち着いて受診しましょう。 陽性反応を確認したにも関わらず、受診を延ばし延ばしにしておくと症状が悪化し、後遺症が残りかねない状態に陥ることもありますので、注意が必要です。 更に性病は、放置しておいて自然に治るものでは絶対に無いということも頭に入れておかなければいけません。 交際相手や結婚相手に性病を移して苦しませないためにも、陽性反応を確認した場合は絶対に医師に相談しましょう。 インターネット上では性病に関する様々な情報を手にすることが出来ますが、真偽不明な情報も多いのが実状です。 そのような情報を信じて、効果があるのか分からない民間療法などを試している内に症状が悪化するという場合もありますので、性病に感染していることが分かれば迷わず受診することがなによりも大切です。

2019年11月17日
知っておきたい、性病と流産の関係

性病は主に性行為をすることで感染していく病気です。 粘膜を通じて感染するので、キスをしただけでうつってしまう性病もあります。 性病は主に性器にかゆみや水ぶくれができる病気だと思われていますが、実はそれ以外にも大きな影響を与えてしまいます。 例えば、性病にかかっていると子宮の状態が悪くなってしまうので妊娠しにくい体になってしまうことは知られていません。 妊娠したとしても、子宮ではなく他の場所に着床してしまう子宮外妊娠になってしまうこともあるでしょう。 さらに、性病の中には子宮の中に感染してしまう病気もあります。 この状態になると子宮は頻繁に収縮を繰り返すので、早産や流産につながってしまいます。 出産しても早産と言うのは胎児にリスクが出てしまいますし、流産という残念な結果になってしまったら大変です。 おまけに、出産時に性病にかかっていると胎児が産道を通る際に感染してしまう可能性もあります。 この影響は強く、生まれた赤ちゃんが結膜炎や肺炎になっていたり、呼吸器乳頭症や皮膚炎になることも多いです。 梅毒は性病の中でも感染力の強いことで知られますが、おなかの中の胎児を奇形にしてしまったり、死亡率を高めて流産につながってしまいます。 非常にリスクの高い病気ですが、梅毒の場合は妊娠中に治療することが出来るので、早く治すようにしましょう。 産道で感染してしまう性病の場合は、自然分娩ではなく帝王切開により出産することも多くなります。 性病の中にはかゆみや痛みなどがなく、自分で気づかないというものもあります。 そのため、妊娠してから自分が性病であることがわかり、驚いたという女性も少なくありません。 けれども、自分だけでなくお腹の赤ちゃんにも影響が出てしまうので、日ごろから意識を高める必要があります。 流産という結果につなげないようにするためにも、日ごろからの予防が非常に大切です。 もし性病であることが分かったら早めに治療しましょう。 妊娠したら受ける性病検査 産婦人科や婦人科というのは、女性にとって苦手な場所だと言っても過言ではありません。 しかし、妊娠すると自分の状態と胎児の状態を知り、スムーズな出産をするために受診する必要があります。 妊娠すると、いくつかの性病検査が義務付けられています。 産婦人科によっては、妊婦検診で定められている以外の検査をしてくれるところも少なくありません。 検査は血液検査や膣分泌液によって行われます。 出産の際には出血があるので、病院側の院内感染を防ぐためにも検査は必要です。 妊娠をすると定期的に検診が行われますが、このときに一緒に性病の検査も行ってくれます。 感染が分かるのはクラミジアや淋病、梅毒などです。 病気が分かった段階で、梅毒などは妊娠中でも治療が行える病気です。 中には妊娠中に使える薬がないなど、積極的に治療ができないケースもあります。 もし性病が判明したら、医師と相談してどうするかを決めていきましょう。 妊娠したら性病検査は誰もが受けますが、もし妊娠を希望するのであれば妊娠前から検査をしておくと安心です。 性病は性行為だけでなく、下着の蒸れなどで発症するものもあります。 1度かかると症状がなくなっても体内にウイルスが存在し、抵抗力の落ちた時にまた再発するというケースも多いです。 妊娠中はただでさえホルモンバランスがいつもとは違う状態なので、再発しやすい時期と言えます。 妊娠や出産にとって、性病と言うのはいい影響はありません。 日ごろからの注意と、自分の状態を正確に知ることが大切です。 もし性病であることがわかっても、落ち着いて対処するようにしましょう。 性病検査は1回目に血液検査を行い、2回目に膣分泌液で行うなど何度か行うこともあります。

2019年10月09日
性病の薬は医薬品の通販サイトで安く買える

性病の薬は処方が必要になる成分が含まれている医薬品でも通販サイトで安く購入が可能です。 ただし、これは一般的な大手通販サイトで探しても見つかりません。 このような形式で処方薬を取り扱った場合には違法になるため販売できないからです。 扱っていないものをどのように購入するかというと、個人輸入を行います。 処方が必要であったり、国内では未承認の医薬品でも本人が使用するのであれば個人輸入で購入するのは合法になっているため、性病の薬もこの方法が利用できます。 外国語が分からない、という不安がありますが、実際には自分で海外に直接注文を行うのではなく個人輸入代行業者を使うのが一般的です。 日本語で説明が記載されているので、使い方は通販サイトと違いはありません。 個人輸入代行業者を使って性病の薬を購入するメリットは価格が安いことです。 海外の製薬メーカーが製造しており、国内では未承認のジェネリックやコピー薬が扱われているのが特徴です。 これらは開発費が不要であるため先発医薬品よりも価格が安いです。 また、健康保険の適用対象外になる性病の薬をこの方法で購入する場合、元々対象外であるため医療機関で処方されるよりも高くなってしまうこともありません。 また、性病の治療は人目が気になってしまい、通院に抵抗を持つこともありますが、自宅に居ながら注文して届けてもらえるので通院の手間がかからず手軽です。 これらのメリットがあるため、個人輸入代行業者を利用して性病の薬を購入する人も多いです。 利用する業者によって異なりますが、まとめ買いで割引が受けられるなどのサービスも行われています。 その都度購入するよりも送料などの面でも得になるので、余分に注文して常備しておいても良いです。 このように利便性の高い個人輸入代行業者の利用ですが、注意点もあるので理解していないと危険です。 どのような問題点があるのか知っておき、安全に薬を購入できるようにしましょう。 通販サイトを利用する時の注意点 性病の薬を個人輸入代行業者を利用して通販の形式で購入するときに、いくつか注意点があります。 まず悪徳な業者が存在しており、本物の薬が届くとは限りません。 騙されないように口コミなどで安全性を確認してから利用しましょう。 医師の処方を受けてから購入するように条件が記載されているものの、確認されないので一度も診察を受けずに利用もできます。 便利である反面、使用方法の指導を医師から受けずに薬を使うことになるので用法用量を誤る危険性があります。 国内で未承認の薬を個人輸入で購入することは合法ですが、自己責任である制限があることにも注意しましょう。 用法用量を守って使用し、入院が必要になる重篤な副作用が出たときに適用される公的な救済制度がありますが、個人輸入では対象外になります。 まとめ買いで割引があるので常備用の薬も購入することがありますが、注文数が多い、あるいは送付先の住所が企業になっていると税関で止まる恐れがあります。 合法とされるのは本人が利用する場合であり、転売すると違法です。 そのため、転売が疑われる注文をすると止められることがありますが、この場合の対処まで個人輸入代行業者では行っていません。 注文数に関しては厚生労働省で個人輸入で認められる数が掲載されているので、その範囲に留めておくと安全です。 自宅に届くのが困る場合には、郵便局留めを指定できる業者を利用します。 自分で郵便局まで受け取りに行くため、家族に見られたり開けられてしまう心配がありません。 ただし、届いても通知はなく、預かり期限もあるので注意します。 発送元が海外であるため、注文から到着までに時間がかかります。 早いものでも1週間以上は必要になると考えた方が良いでしょう。

2019年09月12日
性器・口唇ヘルペスには抗ウイルス剤のバルトレックス

性器ヘルペスも口唇ヘルペスもヘルペスウイルスの一種が原因となって発症する病気です。 口唇ヘルペスは主に唇を中心に症状が出る病気で、性器ヘルペスは性器周辺に症状が出るという点が特徴です。 抗ウイルス剤を使って治療を行うと、ウイルスの増殖を防ぎ、症状がこれ以上強くなることを予防します。 抗ウイルス剤はヘルペスウイルスに対応しているタイプのものを使用して治療をします。 いくつかの種類がありますがバラシクロビルを主成分とするバルトレックスという薬が主に使われています。 バラシクロビルはヘルペスウイルスが増殖してく過程の中で、DNAの複製を阻害することで増殖を防ぐ効果があります。 ウイルスは自分自身の細胞のDNAの数を増やすことで、次々と新しいウイルスを作っていきます。 その過程の途中を阻止することで、それ以上の数に増えることを抑制します。 この時に大切なことは、症状が軽いうちにバルトレックスの服用をすることです。 この薬の作用はウイルスが増殖する過程をブロックすることなので、数が増え過ぎてしまうと症状を和らげることはできません。 すでにウイルスの数が増えていたとしても、それ以上になることを防げるので効果はありますが、増えてしまったものを戻すことはできません。 そのため、症状が起こってすぐに気付いて、できる限り早くバルトレックスの服用を開始すれば、症状を最小限に抑えることが可能です。 これは初めて感染をして症状が出た時も再発をした時も同じです。 どちらの場合も症状が軽いうちに治療を開始することが重要なので、すぐに服用できるよう準備しておくと安心です。 また、それ以外の使用法としては再発を予防するために、継続して服用を続けるという方法もあります。 これは、症状が起こる前からバルトレックスを継続して飲み続けることで、ウイルスの働きを抑えて再発を予防すると同時に、もし再発をしてしまっても軽症で済ませられるという効果があります。 ヘルペスに効く薬、性器と口唇は同じ? ヘルペスの治療で使われるベルトレックスという薬は口唇ヘルペスにも性器ヘルペスにも同じように使えます。 口唇ヘルペスと性器ヘルペスは元来は、原因となるウイルスの種類は別のものです。 さらに同じヘルペスウイルスの仲間で発症する病気に水痘と帯状疱疹があります。 水痘は小さい頃によくかかる感染症で水ぼうそうと呼ばれているものです。 帯状疱疹は水ぼうそうにかかった人が大人になってから、水ぼうそうを起こすウイルスにより再発をしたものです。 これらも同じヘルペスウイルスの仲間が原因となっています。 しかし、細かく原因の種類を分けると口唇ヘルペスのウイルスと性器ヘルペスのウイルス、水痘・帯状疱疹のウイルスは別の種類になります。 しかし最近は性行為の中でオーラルセックスをする人が増えており、今までは性器ヘルペスのウイルスだったものが口唇ヘルペスを起こすことが増えています。 また逆のことも同時に起こっており、どちらが原因で症状があらわれているのかが、曖昧になってきています。 今までは症状があらわれている部位と原因となるウイルスで病名を分けていましたが、現在では、その違いがはっきりとはわからなくなっているという現状です。 しかし、治療をする時には同じ薬を使うので、原因がどちらだったとしても問題はないでしょう。 治療に使われるバルトレックスという薬は副作用が少なく、子どもにも使用されているほど安全性の高い薬です。 あらわれる可能性のある副作用には、頭痛、眠気、吐き気、下痢、むくみなどがあげられていますが、起きたとしても軽度のものだけでしょう。 とても安全性が高いので、もしヘルペスの症状が出ている時には、できるだけ早く治療を開始して重症化を防ぎましょう。

2019年08月27日
日本で最も多いクラミジア感染症はジスロマックが有効

日本で最も感染者数が多いとされている性感染症がクラミジアです。 クラミジアの感染経路は性行為です。 クラミジアは男女共に症状が現れないこともありますし、症状が現れるまでの潜伏期間が1~3週間程度あるため、気がつかないうちに感染を広げてしまっているのが原因と考えられています。 症状は男性と女性で異なりますが、男性は性器から尿道へ感染し症状が進行していきます。 主な症状は性器から膿のような分泌物が出ることや排尿時の痛み、頻尿、尿道のかゆみや違和感、副睾丸の腫れなどです。 悪化すると全身にまで症状が現れ、風邪のように発熱したり、倦怠感を感じたりすることもあります。 女性の場合は、性器から子宮頸管に感染し進行していきます。 主な症状はおりものの量や臭いの変化、陰部のかゆみ、排尿時の痛み、不正出血、下腹部の痛み、性交痛などです。 性感染症は不妊の原因になることも多いので、このような症状が見られた場合は早めに医療機関を受診し検査を受けることが大切です。 陽性反応が出た場合、抗生物質を用いて治療が行われます。 現在クラミジアの治療薬として最も効果が高いとされているのはジスロマックです。 ジスロマックはマクロライド系に分類される抗生物質で、マクロライド系の薬は副作用が少ないのが特徴とされています。 性感染症以外にも様々な菌に対して効果が確認されているため、幅広い病気の治療に使われています。 ジスロマック他にも効果が確認されている抗生物質と比較して、クラミジアへの効果が高いことだけではなく、服用回数が少なくて良い点と副作用の少なさが選ばれる理由です。 ジスロマックが含むアジスロマイシンは一回の服用で効果が7日間持続します。 この期間にクラミジアの原因菌を死滅させる働きがあります。 抗生物質の服用で注意が必要なのは飲み忘れてしまうことです。 飲み忘れてしまうと十分な効果が得られず、完治できません。 また、菌は薬の作用を学習するため、一度使った薬は効かなくなってしまうことがあります。 菌は薬の飲み忘れだけではなく、感染した時点で既に薬に対して耐性を持っていることがあります。 アジスロマイシンに耐性を持っている菌に感染していた場合は、別の抗生物質を用いて治療しなければなりません。 クラミジアのような性感染症は潜伏期間もあり、症状が現れた時点で気が付いても感染の危険がある時期に性行為をしてしまっていたというケースも少なくありません。 心当たりがある場合は、相手に伝えて一緒に治療を受けることが大切です。 ジスロマックに副作用はある? クラミジアの第一選択薬として用いられるジスロマックは、非常に副作用の少ない薬と言われています。 現れるとすれば、一般的な薬の副作用で下痢や胃痛、吐き気などです。 どの薬を服用した場合でも、これらの症状は見られるもので、ジスロマック特有の症状ではありません。 そのため、普段薬を飲むと下痢や胃痛を起こすという方は、医師に相談し整腸剤を処方してもらうと良いでしょう。 ジスロマックは妊娠中の方や子供でも服用できるほど副作用の少ない薬ですが、体質によっては重篤な副作用が起きることがあります。 その場合は早めの対処が大切ですので、初期症状を見逃さないようにしましょう。 主に現れるのはアナフィラキシー・ショックや皮膚粘膜障害、不整脈、肝臓障害、急性腎不全、大腸炎、間質性肺炎、血液成分異常、横紋筋融解症などです。 アナフィラキシー・ショックは、息苦しさやじんま疹などが現れ、意識が薄れることがあります。 皮膚粘膜障害を起こすと出てくるのは皮膚の発疹や水ぶくれなどです。 この症状が出ると、皮がむけたり膿出てきたります。 また、喉に痛みやかゆみを感じたり、唇がただれたり、目が充血することもあります。 不整脈は動悸や脈の急激な変化に注意が必要です。 肝臓障害を起こすと尿が茶褐色になることや急激な食欲がなくなります。 肝機能の異常は吐き気や倦怠感を起こすこともあるのでこのような変化は見逃さないようにしましょう。 急性腎不全は尿の量や回数が少なくなるなど排尿に異常が生じ、濁りのある尿や血尿がでることもあります。 大腸炎は激しい腹痛を起こしたり、血便が出たりするのが主な症状です。 間質性肺炎になると乾いた咳が出たり息苦しさが続いたりします。 血液成分異常は皮下出血や鼻血、歯肉出血などの出血が見られます。 横紋筋融解症は手足のしびれが続く症状が出ます。 以上の症状が重篤な副作用の初期症状です。 このような症状がみられた場合は早急に医師に相談しましょう。

2019年08月09日
性行為で感染する性感染症の種類と症状

性行為を原因として感染が広がる特徴を持つ性感染症は、大きく分けると細菌・ウイルス・真菌・原虫などが代表的なものです。 公衆衛生の未発達な国では日本では見られなくなった性感染症も依然流行が見られる地域がありますが、日本では性器クラミジアや性器ヘルペス・カンジダにトリコモナス原虫などが現在でも良く発症が見られます。 代表的なこれらの性感染症の特徴や症状を検討していみましょう。 性器クラミジアは細菌の一種のクラミジアが感染粘膜の接触をともなう性行為で感染する病気です。 国内では患者数がトップで、身近な性感染症の一つです。 自覚症状が乏しいのが特徴で、とりわけ女性では無症状で経過することが多いのが特徴です。 症状があっても性器に痒みを感じたり、オリモノが少し増えたり、性器粘膜の表面が赤くなるなどの症状に止まります。 症状が軽いからといって軽視するのは禁物で、放置すると卵管にまで炎症が及び、その後遺症として不妊の原因になることも珍しくありません。 性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス感染により発症する病気です。 粘膜であればどこでも増殖できるので、性行為はもちろんオーラルセックスによって口腔内に感染することも珍しくありません。 患部には水泡が出来て、やがて破れて潰瘍を形成し、しばしば強い痛みをともないます。 カンジダは厳密に言うと、必ずしも性行為で感染するわけではありませんが、患部が膣などで性行為で男性に伝染する可能性はあるので性感染症の一種と認識されています。 カンジダ自体はカビの一種の真菌に属しており、膣における常在菌の一種です。 そのため免疫機能が健常に作用している限り、特に症状を呈することはありません。 慢性病やストレスなどで抵抗力が低下すると、膣カンジダ症を発症することがあります。 主な症状は性器の痒みやオリモノの増加等です。 これまで解説してきたのは細菌やウイルス、真菌などでしたが、膣トリコモナス症はトリコモナス原虫という原虫の感染で発症する性感染症の一種で、他の性感染症にはない特徴を持っています。 放っておくと怖い膣トリコモナス症 膣トリコモナス症は主に性行為で感染します。 しかし原因が細菌やウイルスとは違って0.1mmくらいの原虫なので生命力が強く水分がある条件化では感染活性を保持したまま、生存することができるので、トイレ便座に接触したり共用のタオルを介在して感染することもありえます。 このような特徴があるので、家族で患者が出たときには、感染を広げないためにトイレ便座はその都度清潔に保ち、タオルの共用等は避けるようにします。 性別に顕著な症状の違いがあり、トリコモナスに感染しても男性ではほとんど自覚症状は出ませんが、女性では比較的強い症状がみられます。 感染すると半数以上の場合において、会陰部や膣の強いかゆみや痛み、泡状の悪臭をともなうオリモノの増加が見られます。 排尿時にはしみて痛みを感じることも珍しくありません。 感染しても20-50%ほどは無症状で経過しますが、感染が子宮や卵管に及ぶと不妊症や死産流産のリスクを高めるリスクを持っているのです。 クラミジアや梅毒などは若年者に多い傾向が見られますが、トリコモナスは若年層はもちろん高齢者や子供でも患者が見られるなど幅広い年齢層に分布しているのが特徴です。 自然治癒は期待できず、放置しておくと原虫が繁殖を続け、症状が悪化する一方なので治療が必要です。 治療は薬物療法で行なわれ、フラジールという薬を内服したり膣に膣錠を留置する方法が行われています。 フラジールは有効成分にメトロニダゾールを含んでおり、トリコモナスに対しニトロソ化合物という生物毒により殺菌的に作用し効果をもたらします。 メトロニダゾールとしてフラジールを服用する場合の服用期間は7-10日間で効果を発揮します。 副作用には痒みや下痢などの消化管症状の他に発疹などが報告されています。 副作用が出現したら直ちに使用を中止し、医師に相談して下さい。

2019年07月23日
カンジダ症は自然治癒できる?病院にいくべき目安

カンジダはカビの一種であり、元々人間が持っているものです。 これが何らかの原因で活動が活発になり、カンジダ症を発症してしまうことがあります。 カンジダ症になったけれど放置していたら治っていた、という話を聞いたことがあるでしょう。 それは女性の膣には自浄作用があるからであり、免疫力が強かったりする場合やごく軽度の症状であった時には自然治癒することがあるからです。 しかしカンジダ症を放置していても自然治癒するのは、やはり症状が軽度のものだけですから、気がついた時は病院へ行って早期治療をすることをおすすめします。 例えば、強い痛みや痒みがある場合、性器に炎症が見られる場合、おりものが異常に多かったり、カッテージチーズのようなカスが混ざっている場合には、カンジダ症は悪化していると考えられます。 このような時には適切な治療をしないと、更に病気を引き起こしてしまうことにもなるのです。 カンジダ症の放置によって引き起こされるリスクは色んなものがあります。 まずは排尿障害で、尿意はあるのに思うように排尿が出来なくなったり、排尿時に強い痛みを感じるようになったりしますし、おりものから酷い悪臭が現れるようになります。 その悪臭は魚が腐ったようなと表現される強烈な匂いですから、そのレベルになると服を着ていても臭ってしまい、とても放置できる状態ではなくなるのです。 更にカンジダ症を放置していれば、慢性化してしまう危険性が高くなり、もし1度は治ったとしても、またすぐ再発してしまうことが多々あり、発症してしまった原因を突き止めてそれを改善しない限りは何度も再発を繰り返して慢性化してしまうのです。 素人判断で大丈夫だと思って放置しておくと、カンジダが悪化してしまって苦しみ、更に時間をかけた大掛かりな治療が必要になってしまいますから、おりもの異常など一つでも症状に気がついたり、下半身の不快感があったら時間を作って病院へいき、診察してもらうようにしましょう。 免疫力を高めて、カンジダ症を予防しよう カンジダ症は日本人女性の5人に1人が発症したことがあると言われるほどに身近な感染症です。 そして再発の可能性が高いだけでなく慢性化もしやすい病気ですから、再発しないように防ぐことが大切です。 カンジダは元々体にいる常在菌です。 普段は免疫力があるので活動を抑えることが出来るのですが、疲れがたまったり風邪などを引いていて免疫力が下がったときなどに活動し、不快な症状を伴って出てきます。 そのため、再発を防ぐには体調管理や生活習慣の改善などを徹底する必要があるのです。 例えばシャワーで済ませるのではなくお風呂には毎日使って体を温めること、体を冷やす食べ物は控えめにして温める効果のある食物をたくさん食べる、バランスのよい食事を心掛けるようにすること、しっかり睡眠をとることなどです。 特に食事では、カンジダ菌は糖分を栄養素にしますから体内に糖分が多い状態になると繁殖しやすくなるので注意しましょう。 甘いものや精選された炭水化物を過剰にとることはおすすめ出来ません。 そして十分な睡眠はリンパ球を増やすので免疫力を高めてくれます。 リンパ球が活発に働けるように、寝不足は避けてしっかりと眠るようにしましょう。 最適な睡眠時間は人によって違うといわれていますが、約7時間は眠るというのが一般的な推奨睡眠時間です。 ストレスをためないことも大切です。 ストレスを感じると自律神経が乱れてリンパ球の働きも弱まってしまいます。 過剰にストレスをためないことで免疫力を高いままに守ることが出来るのです。 そして性行為をする際に避妊具をつけることや、通気性のよい衣類を身につける、局部を石鹸などで洗い過ぎないことなど大切ですから、日常生活で免疫力を高めること、カンジダ菌の繁殖を予防することにつとめましょう。

2019年07月03日
もしかしてカンジダ症かも?と思ったら

カンジダ症は、カンジダ菌という真菌によって引き起こされる膣炎です。 なにをしたから発病するわけではなく、健康な人の皮膚や粘膜にも常に存在する常在菌のひとつです。 このカンジダ菌がなにかのきっかけで異常に繁殖すると、膣カンジダを発症します。 カンジダ症は1度治療を行い完治したと思っても、ホルモンバランスが乱れたり、免疫力が低下したときなどに再び増殖して、再発する危険もあります。 カンジダ症は体内の常在菌が原因となるので、誰でも発症する可能性がある疾患です。 女性の性器感染症のなかでも多い病気で、10代から50代の女性の5人に1人が経験しています。 通常は常在菌もバランスは整っているのでカンジダ菌の増殖は抑えられて大量に繁殖することはありません。 ですが、妊娠してホルモンバランスが崩れたり、ストレス・糖尿病・ステロイドの使用・抗生物質の使用などによる免疫力の低下、それに高温多湿の環境因子等などがカンジダ症を引き起こしてしまいます。 カンジダ症の症状は外陰部の痒みと、おりものの量が増えることが主です。 外陰部の痒みと共に、カンジダ菌に感染することで炎症が強い場合は痛みも出ます。 そしておりものは、ヨーグルトやカッテージチーズのように白く濁った色をしています。 これが下着に付着して、カンジダ症に気付くことが多いとされます。 感染が進行することで膣内と陰部の炎症が見られ、発赤が現れると同時に浮腫や熱っぽさ、それに性交時の外陰部の痛みも症状として現れます。 カンジダ症の治療方法は、エンペシドが治療薬として用いられます。 エンペシドはクロトリマゾールという、カンジダアルビカンス(菌)に対して強い抗菌作用があります。 膣錠は水分によって発砲しながら崩壊し、膣内にクロトリマゾールを効果的に広げて行きます。 同じクロトリマゾールの治療薬でクリームタイプもあります。 膣錠を使う方法が難しいという場合、クリームを選んでみると使い易いかもしれません。 クリームタイプの治療薬にはニゾラールクリームという医薬品も存在します。 ニゾラールクリームの使い方や効果はどのカンジダ治療薬と一緒なので安心して使用することができます。 エンペシドは副作用も殆どなく、まれに熱感や刺激感・疼痛などがみられます。 フォルカンは膣錠ではなく、1日1錠を1回服用します。 フォルカンも副作用は殆どないのですが、稀に健康な人でも下痢や食欲不振・発熱などの症状が見られます。 カンジダ症は再発する!日常生活で気をつけること カンジダ症の治療にはフォルカンやエンペシドが効果的です。 きちんと治療していても、体調の変化によって、再発することが多いのもカンジダ症の特徴でしょう。 ガードルなど締め付ける下着を日常的に着けていたり、お風呂で清潔にするつもりが膣内の酸性度を下げてしまってカンジダ菌を繁殖させる原因になることがあります。 カンジダ症を再発させないためには、日頃から注意することがいくつかあります。 それは、カンジダ菌が高温多湿を好むということ、それに免疫力やホルモンバランスを整えることが重要なのです。 免疫力が落ちれば、当然ながら常在菌のバランスが崩れて身体に悪さをする菌も増えてしまいます。 ですから、免疫力を低下させないように食事は1日3回、タンパク質など身体に必要な栄養をきちんと摂るようにしましょう。 十分な睡眠を摂ることも大切で、人は眠っている間に免疫力も回復させます。 それから、女性の下着についてです。 カンジダ症は菌が高温多湿の場所を好み、体温や生理などでこの環境下となるのが下着の中です。 出来るだけこまめに下着を取り替えるほか、化繊など蒸れやすい繊維の下着は止めましょう。 通気性の良いものを着けて、締め付けるものも避けるようにします。 下着を清潔に保つつもりのパンティライナーも、蒸れの原因となります。 着けるときには、下着と同様にこまめに取り替えることをお薦めします。 もうひとつは、お風呂での石鹸の使い方です。 陰部の匂いを気にする余り、石鹸を使いすぎてしまうと、人が持つ皮膚のバリア機能が下がっていき感染し易い状態を作ります。 それに消臭スプレーや防臭加工されたパンティーライナーを長時間使うことで、カンジダ症に感染する確率を高めてしまいます。

2019年06月22日