Month: July 2019
性行為で感染する性感染症の種類と症状

性行為を原因として感染が広がる特徴を持つ性感染症は、大きく分けると細菌・ウイルス・真菌・原虫などが代表的なものです。 公衆衛生の未発達な国では日本では見られなくなった性感染症も依然流行が見られる地域がありますが、日本では性器クラミジアや性器ヘルペス・カンジダにトリコモナス原虫などが現在でも良く発症が見られます。 代表的なこれらの性感染症の特徴や症状を検討していみましょう。 性器クラミジアは細菌の一種のクラミジアが感染粘膜の接触をともなう性行為で感染する病気です。 国内では患者数がトップで、身近な性感染症の一つです。 自覚症状が乏しいのが特徴で、とりわけ女性では無症状で経過することが多いのが特徴です。 症状があっても性器に痒みを感じたり、オリモノが少し増えたり、性器粘膜の表面が赤くなるなどの症状に止まります。 症状が軽いからといって軽視するのは禁物で、放置すると卵管にまで炎症が及び、その後遺症として不妊の原因になることも珍しくありません。 性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス感染により発症する病気です。 粘膜であればどこでも増殖できるので、性行為はもちろんオーラルセックスによって口腔内に感染することも珍しくありません。 患部には水泡が出来て、やがて破れて潰瘍を形成し、しばしば強い痛みをともないます。 カンジダは厳密に言うと、必ずしも性行為で感染するわけではありませんが、患部が膣などで性行為で男性に伝染する可能性はあるので性感染症の一種と認識されています。 カンジダ自体はカビの一種の真菌に属しており、膣における常在菌の一種です。 そのため免疫機能が健常に作用している限り、特に症状を呈することはありません。 慢性病やストレスなどで抵抗力が低下すると、膣カンジダ症を発症することがあります。 主な症状は性器の痒みやオリモノの増加等です。 これまで解説してきたのは細菌やウイルス、真菌などでしたが、膣トリコモナス症はトリコモナス原虫という原虫の感染で発症する性感染症の一種で、他の性感染症にはない特徴を持っています。 放っておくと怖い膣トリコモナス症 膣トリコモナス症は主に性行為で感染します。 しかし原因が細菌やウイルスとは違って0.1mmくらいの原虫なので生命力が強く水分がある条件化では感染活性を保持したまま、生存することができるので、トイレ便座に接触したり共用のタオルを介在して感染することもありえます。 このような特徴があるので、家族で患者が出たときには、感染を広げないためにトイレ便座はその都度清潔に保ち、タオルの共用等は避けるようにします。 性別に顕著な症状の違いがあり、トリコモナスに感染しても男性ではほとんど自覚症状は出ませんが、女性では比較的強い症状がみられます。 感染すると半数以上の場合において、会陰部や膣の強いかゆみや痛み、泡状の悪臭をともなうオリモノの増加が見られます。 排尿時にはしみて痛みを感じることも珍しくありません。 感染しても20-50%ほどは無症状で経過しますが、感染が子宮や卵管に及ぶと不妊症や死産流産のリスクを高めるリスクを持っているのです。 クラミジアや梅毒などは若年者に多い傾向が見られますが、トリコモナスは若年層はもちろん高齢者や子供でも患者が見られるなど幅広い年齢層に分布しているのが特徴です。 自然治癒は期待できず、放置しておくと原虫が繁殖を続け、症状が悪化する一方なので治療が必要です。 治療は薬物療法で行なわれ、フラジールという薬を内服したり膣に膣錠を留置する方法が行われています。 フラジールは有効成分にメトロニダゾールを含んでおり、トリコモナスに対しニトロソ化合物という生物毒により殺菌的に作用し効果をもたらします。 メトロニダゾールとしてフラジールを服用する場合の服用期間は7-10日間で効果を発揮します。 副作用には痒みや下痢などの消化管症状の他に発疹などが報告されています。 副作用が出現したら直ちに使用を中止し、医師に相談して下さい。

2019年07月23日
カンジダ症は自然治癒できる?病院にいくべき目安

カンジダはカビの一種であり、元々人間が持っているものです。 これが何らかの原因で活動が活発になり、カンジダ症を発症してしまうことがあります。 カンジダ症になったけれど放置していたら治っていた、という話を聞いたことがあるでしょう。 それは女性の膣には自浄作用があるからであり、免疫力が強かったりする場合やごく軽度の症状であった時には自然治癒することがあるからです。 しかしカンジダ症を放置していても自然治癒するのは、やはり症状が軽度のものだけですから、気がついた時は病院へ行って早期治療をすることをおすすめします。 例えば、強い痛みや痒みがある場合、性器に炎症が見られる場合、おりものが異常に多かったり、カッテージチーズのようなカスが混ざっている場合には、カンジダ症は悪化していると考えられます。 このような時には適切な治療をしないと、更に病気を引き起こしてしまうことにもなるのです。 カンジダ症の放置によって引き起こされるリスクは色んなものがあります。 まずは排尿障害で、尿意はあるのに思うように排尿が出来なくなったり、排尿時に強い痛みを感じるようになったりしますし、おりものから酷い悪臭が現れるようになります。 その悪臭は魚が腐ったようなと表現される強烈な匂いですから、そのレベルになると服を着ていても臭ってしまい、とても放置できる状態ではなくなるのです。 更にカンジダ症を放置していれば、慢性化してしまう危険性が高くなり、もし1度は治ったとしても、またすぐ再発してしまうことが多々あり、発症してしまった原因を突き止めてそれを改善しない限りは何度も再発を繰り返して慢性化してしまうのです。 素人判断で大丈夫だと思って放置しておくと、カンジダが悪化してしまって苦しみ、更に時間をかけた大掛かりな治療が必要になってしまいますから、おりもの異常など一つでも症状に気がついたり、下半身の不快感があったら時間を作って病院へいき、診察してもらうようにしましょう。 免疫力を高めて、カンジダ症を予防しよう カンジダ症は日本人女性の5人に1人が発症したことがあると言われるほどに身近な感染症です。 そして再発の可能性が高いだけでなく慢性化もしやすい病気ですから、再発しないように防ぐことが大切です。 カンジダは元々体にいる常在菌です。 普段は免疫力があるので活動を抑えることが出来るのですが、疲れがたまったり風邪などを引いていて免疫力が下がったときなどに活動し、不快な症状を伴って出てきます。 そのため、再発を防ぐには体調管理や生活習慣の改善などを徹底する必要があるのです。 例えばシャワーで済ませるのではなくお風呂には毎日使って体を温めること、体を冷やす食べ物は控えめにして温める効果のある食物をたくさん食べる、バランスのよい食事を心掛けるようにすること、しっかり睡眠をとることなどです。 特に食事では、カンジダ菌は糖分を栄養素にしますから体内に糖分が多い状態になると繁殖しやすくなるので注意しましょう。 甘いものや精選された炭水化物を過剰にとることはおすすめ出来ません。 そして十分な睡眠はリンパ球を増やすので免疫力を高めてくれます。 リンパ球が活発に働けるように、寝不足は避けてしっかりと眠るようにしましょう。 最適な睡眠時間は人によって違うといわれていますが、約7時間は眠るというのが一般的な推奨睡眠時間です。 ストレスをためないことも大切です。 ストレスを感じると自律神経が乱れてリンパ球の働きも弱まってしまいます。 過剰にストレスをためないことで免疫力を高いままに守ることが出来るのです。 そして性行為をする際に避妊具をつけることや、通気性のよい衣類を身につける、局部を石鹸などで洗い過ぎないことなど大切ですから、日常生活で免疫力を高めること、カンジダ菌の繁殖を予防することにつとめましょう。

2019年07月03日