Month: September 2019
性病の薬は医薬品の通販サイトで安く買える

性病の薬は処方が必要になる成分が含まれている医薬品でも通販サイトで安く購入が可能です。 ただし、これは一般的な大手通販サイトで探しても見つかりません。 このような形式で処方薬を取り扱った場合には違法になるため販売できないからです。 扱っていないものをどのように購入するかというと、個人輸入を行います。 処方が必要であったり、国内では未承認の医薬品でも本人が使用するのであれば個人輸入で購入するのは合法になっているため、性病の薬もこの方法が利用できます。 外国語が分からない、という不安がありますが、実際には自分で海外に直接注文を行うのではなく個人輸入代行業者を使うのが一般的です。 日本語で説明が記載されているので、使い方は通販サイトと違いはありません。 個人輸入代行業者を使って性病の薬を購入するメリットは価格が安いことです。 海外の製薬メーカーが製造しており、国内では未承認のジェネリックやコピー薬が扱われているのが特徴です。 これらは開発費が不要であるため先発医薬品よりも価格が安いです。 また、健康保険の適用対象外になる性病の薬をこの方法で購入する場合、元々対象外であるため医療機関で処方されるよりも高くなってしまうこともありません。 また、性病の治療は人目が気になってしまい、通院に抵抗を持つこともありますが、自宅に居ながら注文して届けてもらえるので通院の手間がかからず手軽です。 これらのメリットがあるため、個人輸入代行業者を利用して性病の薬を購入する人も多いです。 利用する業者によって異なりますが、まとめ買いで割引が受けられるなどのサービスも行われています。 その都度購入するよりも送料などの面でも得になるので、余分に注文して常備しておいても良いです。 このように利便性の高い個人輸入代行業者の利用ですが、注意点もあるので理解していないと危険です。 どのような問題点があるのか知っておき、安全に薬を購入できるようにしましょう。 通販サイトを利用する時の注意点 性病の薬を個人輸入代行業者を利用して通販の形式で購入するときに、いくつか注意点があります。 まず悪徳な業者が存在しており、本物の薬が届くとは限りません。 騙されないように口コミなどで安全性を確認してから利用しましょう。 医師の処方を受けてから購入するように条件が記載されているものの、確認されないので一度も診察を受けずに利用もできます。 便利である反面、使用方法の指導を医師から受けずに薬を使うことになるので用法用量を誤る危険性があります。 国内で未承認の薬を個人輸入で購入することは合法ですが、自己責任である制限があることにも注意しましょう。 用法用量を守って使用し、入院が必要になる重篤な副作用が出たときに適用される公的な救済制度がありますが、個人輸入では対象外になります。 まとめ買いで割引があるので常備用の薬も購入することがありますが、注文数が多い、あるいは送付先の住所が企業になっていると税関で止まる恐れがあります。 合法とされるのは本人が利用する場合であり、転売すると違法です。 そのため、転売が疑われる注文をすると止められることがありますが、この場合の対処まで個人輸入代行業者では行っていません。 注文数に関しては厚生労働省で個人輸入で認められる数が掲載されているので、その範囲に留めておくと安全です。 自宅に届くのが困る場合には、郵便局留めを指定できる業者を利用します。 自分で郵便局まで受け取りに行くため、家族に見られたり開けられてしまう心配がありません。 ただし、届いても通知はなく、預かり期限もあるので注意します。 発送元が海外であるため、注文から到着までに時間がかかります。 早いものでも1週間以上は必要になると考えた方が良いでしょう。

2019年09月12日