落ち込んでいる男性とウィルス
ウィルス

カンジダ症と言えば性病、というイメージがありますが、実はそうではありません。
カンジダ症はまず口腔、皮膚、性器カンジダ症があり、免疫力が弱っていると何もなくても発症することがあります。
実は膣内には細菌がいて、その細菌が免疫力の弱っている時などに繁殖すると発症するのです。
膣内カンジダ症なんて性病は恥ずかしいと思うかもしれませんが、恥ずかしいことではありません。
今回はカンジダ症について詳しく知っていきましょう。

カンジダ症の原因とは?

まずはカンジダ症の原因を知りましょう。
上記でもある通り、カンジダ症の原因は膣内にある細菌、カンジダ菌です。
実はカンジダ菌は皮膚や粘膜にも存在しており、ホルモンバランスが変わったりすると急激に増殖してカンジダ症を発症します。
このカンジダ菌は膣内の常在菌ですので誰もが発症し得るのが怖い要因ですが、カンジダ菌だけが突出して増えない限りは発症しません。
しかし、稀に性行為によって男性にうつる可能性もありますので、防ぎたいと思うのであれば避妊具を付けることをお勧めします。

それでは具体的にどうしてカンジダ菌が増えるのか見ていきましょう。
まずはホルモンバランが崩れた時です。
例えば、生理の時や妊娠している時になります。
この時は通常時よりも黄体ホルモンが少なかったり多かったりと通常よりもバランスが崩れた状態になります。

次が免疫力の低下によってカンジダ菌が増えることです。
寝不足だったり風邪を引いていたりすると免疫力は下がります。
更に抗生物質を服用してカンジダ症の細菌だけが突出して増えたりすると、これも発症の原因になります。

また高温多湿など環境が変化した時も発症しやすくなります。
梅雨の時期になるとカビが生えやすくなったりして菌類の活動が活発になります。
それと同様に膣が高温多湿状態になるとカンジダ菌が増殖して発症しやすくなります。
例えば夏場や運動をした後の汗蒸れも大敵です。
夏場は生理の時も生理用ナプキンで蒸れやすくなります。
ホルモンバランスが崩れているのに加えて高温多湿状態になるため、発症しやすい条件がそろうことになるので注意しましょう。

最後に糖尿病だったり石鹸で陰部を洗いすぎたりすることも原因になります。
石鹸で洗いすぎると膣内環境バランスが崩れてしまうのでお湯で綺麗に洗い流す程度に留めましょう。

カンジダ症はどんな症状が出る?

カンジダ症の特徴的な症状として挙げられるのがかゆみと多量のおりものになります。
ヨーグルト状、カッテージチーズ状のおりものになることが多く、白色もしくは黄緑色になるのです。
また、かゆみは外側だけではなく膣内にも強烈なかゆみが出ます。
かゆみは悪化するとひりひりした痛みを伴うこともあります。
また、それ以外にも性器痛、性交痛、排尿障害を伴うこともあるので注意しましょう。

男性の場合は性器が粘膜ではなく皮膚でおおわれています。
そのため、カンジダ症を発症しても皮膚炎になるため、ひどくなるとかゆみが出たり赤くなったりします。

また、症状の似ている病気を知っておきましょう。
カンジダ症と同様のおりものが出るのが細菌性膣炎、子宮頸管炎、膣トリコモナス炎になります。
細菌性膣炎はおりものが薄黄色から薄緑色で普段よりも水っぽくなったり粘っこくなったりします。
普段のおりものとの違いから判断するため、自分のおりものを観察しておくことが重要です。
次に子宮頸管炎はおりものが灰色っぽくなり生臭い匂いを放つのが特徴です。
膣トリコモナス炎はおりものの量が多く白色から黄色に近く、悪臭を放つようになります。

カンジダ症と同様にかゆみが出るものが性器ヘルペス、接触性皮膚炎、皮膚掻痒症になります。
性器ヘルペスは水ぶくれが出来て、痛みやかゆみ、発熱の症状が出ます。
次に接触性皮膚炎はかゆみを伴う湿疹、かぶれた状態になります。
最後の皮膚掻痒症は見た目には特に変化がありませんがかゆみが出るようになります。

それぞれ症状がカンジダ症に似ていますが、少しずつ違います。
特にかゆみの方は素人目には判断しにくいと思います。
どの症状であってももしかして、と思ったら婦人科へ掛かりましょう。

カンジダの感染を防ぐ方法は免疫力アップ

カンジダ症の感染を防ぐには免疫力を上げる必要があります。
カンジダ症は自己感染であるため、感染経路は自分にしかありません。
免疫力アップはカンジダ症を抑える一番の道です。
免疫力があればカンジダ菌の異常増殖を抑えてくれます。
それではどうすれば良いのか見ていきましょう。

まずは食生活の改善です。
インスタント麺ばかりを食べている、野菜を食べていない等の場合、当然ながらビタミンが不足します。
特にビタミンCは免疫システムでも重要な役割を担っている副腎の働きをサポートするのです。
免疫システムを向上させ、胃酸を増やすことによってカンジダ菌の異常増殖を抑えることが出来ます。
他にもビタミンEが免疫力向上をサポートすることもわかっています。
ビタミンCが多く含まれるのがゆずの皮、海苔、ピーマン類になります。
ビタミンEは魚介類やアーモンドに多いです。

次が軽度の運動をすることです。
もともと運動をしていなければ過度の運動は自身の体をストレス下に置くことになります。
そうすると今度はストレスによって副腎を弱らせることに繋がります。

最後が睡眠不足による免疫力の低下です。
どうしても睡眠不足に陥ると体が十分に休息出来ずに副腎にストレスをかけることになります。
体を休めるためには8時間、脳のためには5時間眠ると良いとされています。
しかし現代社会で十分な睡眠を取ることは難しいと思います。
その場合は出来る限り早く寝ることです。
深夜まで起きていると重要なホルモンが分泌されにくくなったりするので夜更かしはあまりしないようにしましょう。

加齢と共に免疫力は低下します。
若い頃と同様の生活では当然ながら体は耐えられません。
自分の年齢を見つめなおして自分の生活を振り返りましょう。

ストレスを溜めることも免疫力の低下につながる?

ストレスを溜めることも免疫力の低下に繋がります。
ストレスは免疫系統への影響が思っているよりも強いです。
ストレスによって胃を保護する粘液の分泌が止まって胃潰瘍になったりするのと同じです。
それと同様にストレスが溜まると膣内の善玉菌が減ってカンジダ菌が増加することがあります。
ストレスを溜めすぎると健康に良いことはありません。
そのため、上手くストレスを解消する必要があります。

例えば一日映画を見て過ごすのも良いですし、カラオケに行ったりすることも良いです。
しかし、たった一回のストレス解消で全てが解決するわけではありません。
なのでストレスの解消は長期的かつ継続的に行うようにしましょう。

例えば月に一回はストレス解消のため、何かをするように決めてしまうことも良いでしょう。
どうしても疲れていると無気力感に襲われます。
だから何もせずにだらだら過ごそうと考えてしまいます。
しかしそれではストレスが解消されずに溜まる一方です。
自分なりのストレスの解消法を見つけて実行しましょう。

カンジダ症は女性なら誰でも発症し得る病気です。
だからこそ日々の生活の中で気を付けていく必要があります。
ましてや月経の時には蒸れやすくなり罹患しやすくなります。
こまめに生理用ナプキンを変えたり、ストッキングを履いたりしないようにして気を付けましょう。

人によってはカンジダ症は繰り返し発症することがあります。
その場合には根本的な解決のために、免疫力の向上を図ることが重要です。
どうしても人は老いていくので、その時々で自分の生活を考え直す必要があります。
免疫力の低下はカンジダ症以外にも重要な要素になります。
もしもこれはカンジダ症かな、と思ったらすぐに病院に行って自分の生活リズムを見返すようにしましょう。

記事一覧
もしかしてカンジダ症かも?と思ったら

カンジダ症は、カンジダ菌という真菌によって引き起こされる膣炎です。 なにをしたから発病するわけではなく、健康な […]

2019年06月22日
日本で最も多いクラミジア感染症はジスロマックが有効

日本で最も感染者数が多いとされている性感染症がクラミジアです。 クラミジアの感染経路は性行為です。 クラミジア […]

2019年08月09日
性行為で感染する性感染症の種類と症状

性行為を原因として感染が広がる特徴を持つ性感染症は、大きく分けると細菌・ウイルス・真菌・原虫などが代表的なもの […]

2019年07月23日
カンジダ症は自然治癒できる?病院にいくべき目安

カンジダはカビの一種であり、元々人間が持っているものです。 これが何らかの原因で活動が活発になり、カンジダ症を […]

2019年07月03日